インスタのロゴ

RICE

スパイスだけではなく、イチタスイチハでは使用する米の種類にまでこだわっています。
それが『バスマティライス』です。
ここではその米について、みなさんにすこし知ってもらいたいと思います。

お米を食べる人の写真

ABOUT
RICE

日本米はわかるけど
バスマティライスってなんだろう

そんな人のために
日本米との違いをちょっとご紹介
米の品種は大きく3つあります。

JAPO
NICA

ジャポニカ種は、
日本や中国などで栽培されており
丸みを帯びた楕円形で粘り気があります。

ジャポニカ種のお米の写真

IN
DICA

インディカ種は、
東南アジアや南アジアなどで栽培されており
細長く粘り気がないのが特徴です。

インディカ種のお米の写真

JAVA
NICA

ジャバニカ種は、
ジャワ島や中南米などで栽培されており、
丸みを帯びた楕円形が特徴です。
ジャポニカ種より大粒で粘り気があります。

カレーの写真 バスマティライス

バスマティライスは、インディカ種

名前の由来は、ヒンディー語の「香り(=Bas)」と「充満する(=Mati)」から。その名の通り、炊きたてのバスマティライスはとてもいい香りがします。

日本でよく食べられている米より、実は糖質が若干高い?

精白米

図形

Japonica



糖質量

77.1グラム

GI値

84グラム

糖質量

77.8グラム

GI値

50~58グラム


バスマティライス

図形

Basmati Rice

しかしよく見てみると、
GI値はバスマティライスの方が低いのがよくわかります。
ではこの『GI値』とは何なのでしょうか?

Glycemic Index

GI値とは、
食品に含まれる糖質の吸収度合いを指します。

GI値が低いほど、食後血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪がつきにくくなります。
低GI値のバスマティライスは、日本米よりも太りにくい米なんです。

仕切り線

香り米の
バスマティライスを。

低GI値で嬉しいだけじゃない。
南インドカレーと
良い香りのするバスマティライスの
相性は抜群。

カレーの写真

出典:日本商品先物振興協会
BasmatiAssociates
U.S. DEPARTMENT OF AGRICULTURE
Critical Reviews in Food Science and Nutrition